大きな顔を小さくする|憧れを現実のものにしたいなら美容外科で施術を受けよう
女の人

憧れを現実のものにしたいなら美容外科で施術を受けよう

大きな顔を小さくする

カウンセリング

医学の力を利用する

顔が大きすぎるというコンプレックスを抱いている人がたくさんいますが、個人的な努力で大きな顔を小さくするというのは現実的にまず不可能です。そもそも顔が大きくなっているといっても、その原因は様々です。太りすぎで顔が大きくなっている人もいれば、むくみが原因で顔が大きくなってしまっている人もいます。また、加齢の影響で肌が垂れ下がり、結果的に顔の面積が広くなってしまっている人もいます。それらのケースであれば、本人の努力で顔を小さくできる可能性が少しは残されていますが、生まれつき骨格が大きくなっている場合はどうしようもありません。しかし、医学の力を利用すれば、骨格自体が大きくなっている場合でも顔を小さくできる可能性があります。名古屋には、小顔治療が上手いことで評判になっている美容外科クリニックがいくつかあります。たとえば、太りすぎが原因で顔が大きくなっている場合は、脂肪溶解注射や脂肪吸引手術が有効です。一方、むくみが原因で顔が大きくなっている場合は、ラジオ波治療が行われるケースが多いです。その治療と並行して、リンパの流れを改善するためのマッサージ指導も行われます。また、肌たるみが原因で顔が大きくなっている場合は、垂れ下がった皮膚を切除するリフトアップ手術や特殊な糸を肌に埋め込む手術が行われます。一番難問である顔の骨格自体が大きくなっている場合は、顎の骨を削る手術が行われるのが一般的です。いずれの治療も、個人が自宅でどうこうできるようなものではありません。そのため、名古屋にある美容外科クリニックには、連日大勢の人が小顔治療を受けるために来院しています。

まず注射を打ってみる

骨格自体が大きいせいで顔が大きくなっている場合は、先程も述べたように下顎部分の骨を削る手術が有効です。顔が大きくなっている原因を直接かつ根本的に取り除くことができるという事実からすれば、これが最善の方法であることは間違いありません。しかし、改めて言うまでもないことですが、この方法は患者の体に大きなダメージを与えます。術後しばらくの間は物を食べるのにも喋るのにも一苦労するハメになってしまうため、手術を受ける決心をなかなかつけられない人が大半です。また、それほど目立たないとはいえ、顎の下の部分に傷跡が残ってしまうことを気にする人も多いです。そのため、名古屋の美容外科クリニックでは、骨格に原因がある人に対しても、まず注射を用いた小顔治療が提案されます。骨を削るような大掛かりな手術を気軽に受けてみる気になれる人はほとんどいませんが、顔に注射を打つ程度ならそこまで真剣に悩む必要がありません。顔に余分な脂肪がついている人には脂肪溶解注射が、顎の付け根部分の筋肉が発達してエラが張っている人にはボトックス注射が用いられます。注射を打ったくらいで顔が小さくなるとは思えないと半信半疑のままで医師の提案を受け入れる人が多いですが、想像をはるかに超える小顔効果を得ることができるため、ビックリする患者が続出しています。実際に、名古屋の美容外科クリニックでは、骨を削る手術を受けるつもりで来院した人が、注射を打つ小顔治療を受けただけで満足してしまい、それで治療完了としてしまうケースが増えています。